×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身長!伸ばす方法

背を伸ばしたい。身長を伸ばす方法はないいのか。
身長について悩みむ人は潜在的に多いようです。身長を伸ばす方法を一緒に考えていきましょう

低身長とは?身長伸ばすって?

「身長を伸ばす可能性」を高める方法、その必要性

身長ってどうしたら伸びる? 特別に身長の高い人を除けば、自分の身長に無関心な人は少ないでしょう。「出来れば身長はあった方が・・・」というのが自然のように思います。身長の有る無しで見た目の印象は変わりますし、恋愛、就職、ライフスタイルといったものにも、少なからず影響があるものというのが、世間一般の「身長」に対する認識のようです。スポーツをするにも身長が高い方が有利になることは多いですし、幼少の頃には身長が低いといった理由だけ、「からかい」の対象になってしまうことも残念ながらあるようです。
もっと、広い視野をもって、「人の目を気にしない」意識や「人を見た目で判断しない」といった風潮を私たちが共通認識として持つ事ができれば、それは素晴らしい事だとは思うのですが、そういった理性的な方向に向かうことができないのが世の常でもあります。
その事を加味して考えれば「効果的に身長を伸ばす方法はないものか」そう考える人が多いのも頷けます。「見た目」の印象を左右する身長、このHPでこの問題を考えていく上で、実際、日々の生活の中での心がけなどで「身長を伸ばす事は本当に可能なのか」、といった部分が重要になってきます。
確かに身長に関わらず、身体的な特徴は往々にして親からの遺伝による影響が大きいのが普通です。やはり、身長の高い両親からは身長が伸びる可能性のある子供が生まれるのは事実として抑えておかなければならないでしょう。持って生まれた遺伝的要因と身長の「高い」「低い」には、それなりの因果関係があります。ですから「誰でもが身長180センチ(女性なら170センチ)以上になれる」とこのHPでは吹聴するつもりはありません。それくらい、身長に関する問題はシビアなのです。
しかし、だからといって、「やっぱり、身長を伸ばすのは100%遺伝なのか・・・」と諦めてしまっては何もなりませんし、その必要もありません。日々の生活習慣を改め、身長を伸ばすために必要な要素を補い、そのための多少の努力を惜しまなければ「身長が伸びる可能性」を引き上げることは十分可能だと考えます。一朝一夕とした「身長が伸びる方法」ではなく、日々の心がけから「身長が伸びる可能性を高める方法」、そのための情報を提供できればと考えています。

身長を伸ばすには20歳までが勝負! >>

botan

身長が伸びる方法、その基礎知識

身長はどう伸ばすか?その方法は?といった難題に取組むに当たって、まずは、その基本について知っておかなければならないと思います。基本的な知識を蓄えていく事で、これまで気付かなかった「身長を伸ばす」上でのマイナス要因なども見つかるかもしえません。


☆女子の身長の伸び方、その特徴

年齢ごとの身長の伸び率ですが、もちろん、個人差はありますが、男子と女子によって大よその成長パターンが存在します。女子の場合、1〜2歳の間に10センチ程度身長は伸びます。小学生に入学してからの1年間では6センチほど、小学校の6年生の1年では7センチが平均といわれています。10歳から身長の伸び盛り期間に入り、12歳が成長のピークになります。成長が遅い場合は、このピークが数年後にズレ込み、このパターンで成長した場合、身長が平均よりも高くなる傾向にあることが分かっています。


☆男子の身長の伸び方、その特徴

男子の場合、1〜2歳の間に身長が伸びる率は10センチ程度と女子の場合と大差はありません。小学生に入学してからの1年間も6センチほどで女子と変わりませんが小学校の6年生の1年では約5.5センチと女子よりも低い伸び率になっています。これは女子の成長のピークが男子のそれよりも2年ほど早いために起こります。小学校の高学年では男子よりも女子の方が相対的に体格が勝っているというのは皆さんも記憶があるのではないでしょうか。男子の身長の伸び盛りは12歳頃から始まり、ピークは14歳で、14歳〜15歳の1年間で平均9センチ前後、身長は伸びます。男子の場合、成長のピークを迎えてから、その伸び率が衰えるていくまでの過程が女子よりもゆっくりなので、最終的に女子よりも身長は高くなります。

身長を伸ばす3つの基本 >>

 

身長を伸ばす方法、その阻害要因を考える

身長にこれだけの差 世界に目を向けて見ると日本人と欧米人とでは体格に大きな違いがあり、身長は日本人の方がかなり低いのが現実です。近年は日本人の食生活が欧米化傾向にある為、平均身長では、例えば30年前にくらべ、かなり伸長している訳ですが、その伸び率も近年は鈍ってきているようです。
通勤途中で、すれ違う高校生の身長が皆、とても高く、驚く事も最近多いのですが、先日行われたサッカーのワールドカップなどを見ると日本人の身長の低さは際立っているように思いましたし、スポーツの世界に限っても、身長を含めた体力の向上は急務であるように感じました。

日本人と欧米人も十代の若い時期では、実はそれほど身長、体重とも差はありません。大きな差が生まれるのは、成長のピークを迎えてから、その成長が止まるまでの期間の違いにあります。日本人は欧米人に比べ、成長のピークから、それが停止するまでの期間がより短いのです。これは先天的な傾向である為にどうしようもない所です。
しかし、その部分を差し引いても、日本人と欧米人との食習慣を含めたライフスタイルの差や文化的な生活様式の違いを比較することで、「身長を伸ばす方法」が見えてくるかもしれません。また、近年、日本人の平均身長が横ばいである、その理由を考えれば、それを改善することで「身長を伸ばす」切っ掛けになるのではないかと考えられるのです。

身長を伸ばす、タンパク質の目安 >>


botan

身長を伸ばすための習慣とは

欧米のライフスタイルで身長を伸ばす要素といえば、「椅子文化」が上げられます。日本人は昔から「畳」に「正座」の文化でしたから、どうしても、膝関節に負担が掛っていたのでしょう。近年、「椅子」を使用しての食事が一般化してきたのは、日本人の平均身長を押し上げた大きな要因と考えられます。特に成長期に椅子を習慣付けて置くことは重要かもしれません。ただ、ひとつ注意してほしい点があります。それは「椅子」が「正座」に比べて姿勢が悪くなり易い特徴を持っているということです。椅子に座って長時間、本を読んだりTVゲームとしていると、身体は楽な姿勢を取ろうと、どうしても背中を丸めてしまう傾向があります。その姿勢は楽なのですが、窮屈に丸められた内臓器官は機能を低下させ、血液の循環も悪化します。また、イメージでは頑丈に思える背骨も想像よりずっと歪み易く、その歪みの影響は「身長を伸ばす方法」において、大きなマイナスになりますから注意した方がいいでしょう。


☆意外な身長の伸び悩み

最近になって、日本人の平均身長が伸び悩んでいるといったニュースが伝えられ、記憶されいる方も多いと思います。上述の「椅子」効果や欧米スタイルの食生活で「身長を伸ばす」条件は年々、整っているように感じていた私が以外に感じたのは言うまでもありません。全ての面において、欧米化が進む私たちの環境、その中で、何故、身長の伸び率が鈍ってきたのか?その答えは私たちの「ライフスタイルの変化」に見出すことができます。


☆睡眠時間と「身長を伸ばす方法」の関係

ライフスタイルの変化でまず上げられるのは「夜型生活」の定着です。テレビやインターネットで深夜まで楽しめる環境、24時間営業の飲食店の増加、もちろん、職業の多様化によって深夜に労働する人が増えたことも上げられるでしょう。
そんな環境で驚かされるのが、もう0時も近い本屋やスーパーで親に連れられた小さな子供をよく見かけるようになったことです。私が幼少の時を思い起せば、夜の9時頃には就寝していたのではないでしょうか。親の「夜型」に併せて、子供にも「夜型」が増えていることは、そのまま、睡眠時間の減少を意味しています。身体を成長させ、身長を伸ばす「成長ホルモン」は睡眠時に分泌されますから、睡眠時間の減少は「身長を伸ばす方法」を考える上で大きなマイナスと言わなければならないのです。日々成長していく子供には成人よりも、よい長い睡眠が必要不可欠であることを良く覚えておいた方がいいでしょう。


botan

身長を伸ばすには食事も大切

栄養と身長 食習慣の変化も大きな要因と考えられます。肉中心の欧米スタイルについては「身長を伸ばす」要因として触れましたが、それと併せて増えているのが、インスタントやレトルト食品、ファーストフード、手軽なお弁当類の普及、また、その消費量が年々増加傾向にあるスナック菓子の間食の習慣です。どれも手間いらずでおいしく、時間のない時には大変重宝で、私も利用することがありますが、成長期の子供が、親の共働きなどが理由で、これらを中心にした食生活を送るとなると「便利」とばかりもいっていられない状況が生まれてしまいます。子供が身体を成長させ、身長を伸ばすには、想像以上に様々な栄養が必要になってきます。これらレトルトなどの食事を続けていれば、栄養は偏り、身体は思うような成長をするためのエネルギーが不足してしまいます。身長が低いと悩む人全てがそうである、とは言えませんが、その中に、成長期に今、上げたような偏った食事を習慣的に摂っていた人が少なからずいるのは事実のようです。

身長伸ばす!タンパク質の多い食品群 >>



☆背骨の歪みと「身長を伸ばす」方法

身長を伸ばす可能性を阻害している要因として、子供たちの生活にもすっかり浸透した感のある、ケータイ電話、パソコン、TVゲームとの関係も見過ごせません。ケータイでメールを打つ時、インターネットで様々な情報を閲覧、また、TVゲームに熱中している時、子供たちは長時間、不自然に姿勢の悪い態勢を取ることになります。注意してもメールやケータイに夢中になっている子供はなかなか、それを聞き入れてはくれませんが、背中を長時間、丸めた姿勢は背骨に余計な力を加え、椎間板にも負担を掛けます。さらに、そういった姿勢は血液の循環にも影響を与えると考えられ、消化器系の内臓器官、呼吸器系器官への機能減退にも繋がます。結果として摂取した食物の消化・吸収がスムーズに行われず、せっかく、栄養のあるものを摂ったとしても、それが、身長を伸ばすためのエネルギーに還元されない状況が生まれてしまいます。
それだけでなく、身長が低い人の一要因として、背骨の歪みが上げられるように、長時間の不自然な姿勢は、簡単に背骨を歪めてしまいます。また、所謂、「猫背」を意識して直すだけで、見た目の印象として、数センチ身長が高く見えることもありますから、「身長を伸ばす方法」の第一歩として楽な姿勢ばかりとらずに、姿勢を正す習慣を身に付けてみることも必要かもしれません。


☆適度な運動と「身長を伸ばす」

上述のケータイ電話やパソコン・TVゲームの普及にも関連した話として、身長を伸ばす事と「運動」の関係も重要といえます。近年、成人である私たちは、もちろん、子供たちの運動不足は深刻で、社会問題化している現状です。その要因として、これまでにお話したケータイ電話やパソコン・TVゲームはもちろん、学校以外にも塾へ通う子供が増えたこと、住宅事情に関わった子供の遊び場所の減少、また、子供が犯罪に巻き込まれる事件が増加している事から親が積極的には子供を外で遊ばせ辛くなった世相なども反映しているようです。しかし、身体の成長と適度な運動は切っても切り離せない関係にあります。
身体を動かすことは自律神経を刺激し、食欲を増進させる効果があります。「しっかり食事を摂る」ことは身長を伸ばす要素として大切なポイントといえます。また、「子供の運動不足」に関連して「子供の肥満」の問題もしばしば耳にしますが、体重が必要以上に重いと膝関節への負担が深刻ですし、身体のバランスを崩しやすく、背骨などへの負担も増加します。これは「身長を伸ばす」には良くありません。高カロリーの食事を摂ることも多い昨今ですから、特にお子さんは適度な運動で体重を適正に保つ必要がありそうです。
運動が身長を伸ばす 運動することでの、もうひとつの大きな効果は睡眠に関わる点です。運動するとその疲れから、ぐっすりと熟睡できる効果があります。また、「疲れ」の要素とは別に、運動することで熟睡できる理由がもうひとつあり、それは、メラトニンといわれる睡眠誘発物質の分泌に関係しています。メラトニンは睡眠を誘発する特徴をもち、私たちが夜になると自然に眠くなるのは、このメラトニンの働きによる事が分かっています。メラトニンが必要十分量、分泌されるには、昼間、明るい時間に視覚情報、つまり「目」に「光」の刺激を与えなければなりません。外で運動をすれば自然とこの条件は満たされますが、部屋のなかでTVゲームをしていては「光」の情報の不足からメラトニンは分泌されにくくなってしまいます。メラトニン不足から、寝つきが悪く熟睡できなければ、成長ホルモンの作用をしっかりと受けられず、思うような身体の成長が期待できなくなってしまうのです。
「子供は遊ぶのが仕事」と良くいいますが、よく食べ、よく遊ぶことは子供の成長にとって、何より大切で、もっとも優先して考えなければならない事象であるといえそうです。

身長を伸ばす、カルシウムの有効性 >>


☆ストレスが身長にもたらす影響も深刻

身長が伸び悩む理由として、あまり語られないのが精神面、つまり「心の問題」が身体の成長に及ぼす影響についてです。夜遅くまでの塾通いや「いじめ」にあってしまう環境でのストレスはもちろんの事、両親の不仲や離婚、虐待や放任といった、子供の情緒形成に不可欠な「親からの愛情」が不足するような状況で育った子供も、その身長が平均よりも低くなる傾向にあるといった報告があります。塾通いや「いじめ」、両親の不仲などが子供にもたらすストレスや情緒不安定は自律神経系に影響を与え、自律神経失調症を招く可能性があり、それが食の細さや栄養吸収の低下、また浅い睡眠しかとれないことから成長ホルモンの分泌に影響を与え、身長の伸び悩みを起させると考えられるのです。また、「親からの愛情不足」と身長が伸びないこととの因果関係については、親から愛情を受けたい子供が本能的に「より長く子供でいたい」という欲求を満たすために身長の伸びを止めてしまうといった説や、それとはまったく逆に、親の不仲に危機感を感じた子供が早く大人になるために、これも本能的に早熟傾向を強め、その結果、十分な成長期間を持てないまま、身長がストップしてしまう、といった説もあるようです。


Copyright(C) 2006 身長!伸ばす方法. All Rights Reserved.
装飾 歯列矯正  [LINK]ニキビ [PR]薄毛育毛  [PR]  レーシック  装飾 アトピー  [LINK]ほくろ除去

LINK
[LINK]薄毛  [PR]アトピー性皮膚炎  [PR]育毛剤  [PR]毛穴の黒ずみ [LINK]ニキビ  [PR]薄毛育毛